【インプラント失敗を防ぐ】メンテナンスの頻度/費用/引越しの転院

インプラント失敗研究記 - トラブルを防ぎ、より質の高いインプラント治療を受けるために。
トップへ戻る
  • インプラント失敗研究記トップへ
  • インプラント失敗例
  • インプラントの失敗原因
  • インプラント歯科
  • インプラントのデメリット
  • セカンドオピニオン
  • インプラント失敗を防ぐ
  • http://k-ispi.com/implant-cost.html
  • インプラントの骨移植
  • インプラント周囲炎
  • いしかわ予防歯科ステーション
  • 歯ごたえのある話

いしかわインプラントセンターは世界的に信頼性の最ものあるノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。

【インプラント失敗を防ぐ】

インプラントの失敗を防ぐのは術後のメンテナンス

インプラント手術が成功しても、使っている途中でトラブルが生じる場合もあります。インプラントは、術後のメンテナンス次第で脱落などのトラブルを招く可能性があるのです。
長持ちさせ、大切に使っていくためには、メンテナンスが欠かせないのです。

インプラントのメンテナンスとは?

インプラント手術が終わって本歯が装着されると、そこからはメンテナンス期に入ります。治療は終了し、維持するための期間に入るのです。

メンテナンスの基本は、自宅で行うセルフメンテナンス(ブラッシングやフロッシング)になりますが、定期的に歯医者でメンテナンスを行う必要があります。
歯科医院で行うメンテナンスの内容は、歯石やプラークの除去、人工歯やインプラント体のチェック、インプラント周囲の炎症の確認など、トラブルを防ぐためのクリーニングトラブルを早期に発見するためのチェックなどを行います。

クリーニングの重要性

セルフメンテナンスで除去しきれていないプラークを、歯科衛生士によるクリーニングで徹底的に除去します。また、磨き残しのないブラッシング方法を身に付けるための歯磨き指導なども行います。
手術が成功しても、その後のメンテナンス不足で、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」を招くこともあります。
インプラント周囲炎は、インプラントの失敗につながるため、定期的なメンテナンスはとても大切なのです。

口腔内チェックの重要性

インプラント失敗の原因となるインプラント周囲炎には、自覚できる初期症状はありません。そのため、周囲炎に気付いた頃には、進行しているケースが多いのです。
また、インプラント周囲炎は、歯周病に比べて進行が早いという特徴があるため、早期発見と早期治療が失敗を防止には大切なのです。
定期的メンテナンスでは、自覚症状が現れる前にインプラント周囲炎を発見し、早期治療につなげます。

また、メンテナンスでは噛み合わせの確認も行います。噛み合わせのバランスが悪くなると、インプラントに負担がかかりやすくなってしまうため、トラブルの原因となってしまいます。
噛み合わせは、噛むくせ歯ぎしり食いしばりなどによってバランスが悪くなりますから、定期的なチェックが必要になるのです。

インプラントの保証は、メンテナンスを受けること条件

インプラントの保証は歯科医院によって異なりますが、定期的にメンテナンスを受けることが条件となっています。
つまり、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けていなければ、保証を受けられなくなってしまうのです。

インプラント失敗を防ぐためのメンテナンスの頻度

メンテナンスは、最初の1年は数か月に1度のペースで受ける必要がありますが、その後は年に1~2回程度になります。

口の中の状態や全身症状の有無など、インプラントの失敗リスクが高い人は、治療後1年以上経過しても、3~4ヵ月ごとのメンテナンスが必要になる場合もあります。

メンテナンスが必要になる期間

メンテナンスは、インプラントを使い続ける限り必要となります。インプラントを維持し、残っている歯を守っていくため、そして口の中の健康を維持するために、メンテナンスは必要なのです。

当院でインプラント治療を受けた患者様には、90年代に手術を受けた患者様もいますが、現在も定期的にメンテナンスで来院しています。
十分なメンテナンスにより、インプラントに問題が生じることがないのはもちろん、残っている天然歯の状態も良くなっています。
常に、天然歯を含めたメンテナンスが大切であるということが言えるでしょう。

インプラントのメンテナンスに関するよくある質問

Q1 メンテナンスの費用を教えてください。

インプラントのメンテナンス費用は、保険が適用となりません。そのため、歯科医院によって料金は異なります。
ンプラントメンテナンス費用の相場は1万円前後と言えますが、メンテナンス料金が高額になる歯科医院もあり、術後にトラブルとなっているケースもあります。治療前に、メンテナンスにかかる費用の目安を確認しておくと安心でしょう。

当院では、1度のインプラントメンテナンスにかかる費用は、1万円以内である場合がほとんどです。

Q2  引越しすることになったら、他院でメンテナンスを続けることは可能ですか?

治療した医院でメンテナンスを受けるのが望ましいですが、引越しなどのやむを得ない理由がある場合には、他院でのメンテナンスも可能でしょう。
しかし、使用しているインプラントが一般的なものでない場合(一般的なメーカーでない場合)には、対応できる歯科医院が少ない場合もあります

当院ではノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。実績やメーカー保証など多くの魅力もありますが、多くの歯科医院で扱っているため、引越しなどの急な転院にも対応できるということも大きな魅力だと言えるでしょう。
引越しする可能性がある場合には、シェアされているインプラントメーカーを扱う医院を選ぶということも大切なことでしょう。

転院の際には、転居による転院を主治医に伝え、紹介状を発行してもらう必要があるでしょう。埋入したインプラントのメーカーや種類などを、転院先にも知らせる必要があるのです。


Copyright (C) 2014 インプラント失敗研究記 All Rights Reserved.