【インプラント歯科】失敗する歯医者の見極め8つのポイント

インプラント失敗研究記 - トラブルを防ぎ、より質の高いインプラント治療を受けるために。
トップへ戻る
  • インプラント失敗研究記トップへ
  • インプラント失敗例
  • インプラントの失敗原因
  • インプラント歯科
  • インプラントのデメリット
  • セカンドオピニオン
  • インプラント失敗を防ぐ
  • http://k-ispi.com/implant-cost.html
  • インプラントの骨移植
  • インプラント周囲炎
  • いしかわ予防歯科ステーション
  • 歯ごたえのある話

いしかわインプラントセンターはインプラント治療以外にも歯を美しくするホワイトニングや審美歯科治療も可能な医院です。

【インプラント歯科】

インプラント失敗を防ぐ歯科の選び方 8のポイント

インプラント治療の失敗は、歯科医院選びの失敗とも言えるでしょう。インプラントは、インプラントを使い続ける限りメンテナンスが必要になります。そのため、治療後も定期的に通院が必要になります。治療の成功はもちろん、長い付き合いができる歯科医院選びが重要になるのです。

1.インプラント治療の成功率

安心してインプラント治療を受けるには、成功率が高い医院を選びたいところです。しかし、「成功率100%でなければならない」というものではありません。(外科手術ですから、失敗する可能性もあり、リカバリーさせる技術が問われます。)

また、治療の難度で成功率は異なるため、成功率の数字だけで医院や医師の治療技術を判断することは、正しいとは言えません。
難度の高い治療を避け、簡単な症例ばかりを扱っている医院があるのも事実です。そのため、成功率が高いに越したことはありませんが、難症例を含む成功率なのかを確認することが必要でしょう。

2.インプラント症例数

インプラントの成功は、医師の技術や経験は不可欠です。医院の症例数が極端に少ない、経験の乏しい医師では、安心して治療を受けられるでしょうか…。
経験・技術が豊富な医師のもとで、安心して治療を受けることが望ましいでしょう。

石川にある当院は、難症例を含む5000本以上のインプラント実績があります。多くの経験を積むことで、急なトラブルにも対応できると自負しております。医師はもちろん、衛生士や治療に関わるスタッフも、多くの経験を積み、より良い治療を目指していることは大切なことです。

3.自分と類似の症例を持っているかどうか

医院・医師の症例数は、医師の技術や経験を把握する目安になるのですが、やはり「自分と似た症例を経験しているか」という点は、さらに重要になります。
これは、難度の高い治療になるほど重要です。目安として、自分と似た症例を5症例以上持っていると安心だと思います。

4.手術室がある

インプラント治療は多くの歯科医院で行われていますが、手術室のない歯科医院でも、インプラント治療が行われているのが実状です。虫歯や歯周病治療を行っている診察台で、インプラント治療を行っている医院もあるのです。
インプラント治療を行う環境は、感染リスクを左右しますから、重要なポイントの一つでしょう。

専用の手術室で、インプラント手術に最適な環境で治療を受けることが、安全性を高めます。外部とは隔離し、菌を極力減らした環境で治療を行う必要があります。

5.CTによる検査を行う(CTスキャンを設置している)

CTスキャンを設置する歯科医院も増えていますが、全ての医院に設置されているわけではありません。
他院でCT撮影のみ行う医院もありますが、簡単な症例ではCT撮影を行わず、パノラマレントゲンの情報だけでインプラント手術を行っているケースもあります。

CT撮影を行っていれば、避けられた失敗があるのも事実です。当院では、CTによる情報をもとに、専用ソフトで立体画像の作成やシミュレーションなども行っています。
CTによる検査は大変必要性が高く、歯科選びにおいても重要なポイントとなります。

6.信頼性の高いインプラントを使用している

インプラントメーカーは世界中にたくさんあり、多くの種類があります。しかし、全てのインプラントメーカーが、長年の臨床実績や高い成功率を持っているわけではありません。また、メーカー保証のあるインプラントメーカーもあれば、保証のないメーカーもあります。

当院で使用しているノーベルバイオケア社のインプラントは、世界で最も使用されているインプラントであり、インプラントメーカーの中でも最長の臨床実績・高い成功率を持っています。また、10年のメーカー保証もあります。このような、優れたメーカーもあれば、歴史や信用のないメーカーも実在しているので、事前に扱っているインプラントメーカーを確認しておくことが大切です。

7.麻酔の種類と全身管理

インプラント手術は、局所麻酔のみで行うことも可能ですが、意識がハッキリしているので、手術中の音や振動は伝わるため、痛みはなくても、恐怖感や不安はあります。
しかし、静脈内鎮静法を併用することで、リスクを抑えて、全身麻酔のような効果が得られます。リラックスした状態で、手術が受けられるのです。

当院では、麻酔を専門の麻酔医が担当し、全身の状態をコントロールすることによって、治療のストレスを軽減し、安全性を高めています。

静脈内鎮静法の併用はもちろん、全身管理を徹底している医院を選ぶことも必要でしょう。

8.最新の治療法を行っているかどうか

インプラント治療には、新しい術式も登場しています。例えば、歯が1本もない方の治療法に、オールオン4という治療法がありますが、従来の方法では10本以上のインプラント埋入が必要でした。この術式を用いることにより、たった4本のインプラント埋入で済むようになったのです。

最新治療法により、患者さんの体の負担だけでなく、費用負担も抑えることが可能になっています。
より良い治療法を選択するために、最新治療も行っている医院を選ぶということも一つの選択肢一つとなるでしょう。


Copyright (C) 2014 インプラント失敗研究記 All Rights Reserved.