【インプラントの骨移植】治療を断られた人も骨造成で手術可能に

インプラント失敗研究記 - トラブルを防ぎ、より質の高いインプラント治療を受けるために。
トップへ戻る
  • インプラント失敗研究記トップへ
  • インプラント失敗例
  • インプラントの失敗原因
  • インプラント歯科
  • インプラントのデメリット
  • セカンドオピニオン
  • インプラント失敗を防ぐ
  • http://k-ispi.com/implant-cost.html
  • インプラントの骨移植
  • インプラント周囲炎
  • いしかわ予防歯科ステーション
  • 歯ごたえのある話

いしかわインプラントセンターは外部とは隔離された減菌・クリーンな環境の手術室で、より安全な手術が可能です。

【インプラントの骨移植】

骨移植を行っていれば防ぐことができた、インプラントの失敗もあります。

インプラントは、インプラントを埋め込むための十分な骨がなければ、失敗の原因になります。 骨量が足りていないのにインプラントを埋入してしまうと、

  • インプラントが歯槽骨を貫通してしまう
  • インプラントが歯茎から露出してしまう
  • インプラントが歯槽骨と結合しない

などの失敗につながります。
そのため、歯周病の人や抜歯してから期間が経過している人など、歯槽骨の吸収が進んでしまっている場合には、インプラント治療を断られてしまうこともあります。

骨量を増やせば安全なインプラント治療が可能に。

インプラント治療を行うには、インプラントを埋め込むのに十分な骨量(骨の幅・高さ)が必要ですが、
骨移植によって骨を足すことで、インプラントを埋め込むのに十分な骨の幅・高さを確保できます
骨量が少ない人でも、インプラント治療が可能になるのです。

しかし、骨移植はインプラント治療を行う全ての歯科医院で行われていません。骨移植を行うには、専門の設備や手術室などの環境、そして医師の高い治療技術が必要になるのです。

牛の骨も!?移植する骨の種類は??

「骨移植」と一言で言っても、自分の骨を移植する方法もあれば、牛由来の骨(異種骨)を移植する方法などがあります。
当院では、下顎奥の骨(親知らずが生えている位置周辺の骨)や下顎(オトガイ)から採取するケースが多いです。

また、上顎奥の骨移植は、サイナスリフト(上顎洞底拳上手術)という特殊な手術を行いますが、この場合骨補填剤(人工骨)を使用することが多いです。
特に、上顎奥の歯槽骨は、サイナスという空洞があるため吸収が進みやすく、骨量が不足しやすい特徴があります。そのため、上顎のインプラント治療は、歯科医院を慎重に選ぶ必要がありますし、断られるケースも少なくないでしょう。

骨移植が必要な場合のインプラント治療にかかる期間

症例により異なりますが、骨移植とインプラント埋入を同時に行える場合もありますし、骨移植とインプラント埋入を別で行う場合もあります。
骨移植とインプラント埋入を別で行う場合には、骨移植を行ってから半年程度経過してから、再度インプラント埋入手術を行います

そのため、骨移植が必要になる場合、治療期間が長くなってしまうケースも多いです。

骨移植の費用

骨移植の費用はインプラント費用には含まれていません。そのため、骨量が足りない場合のインプラント治療は、通常の費用よりも高くなってしまいます。

骨移植手術も、保険が適用となりませんから、医院によって費用は異なります。
また、骨移植手術の種類、口の中の状態、治療部位などにより、治療にかかる費用は大きく違ってきます。そのため、自分のケースではどのくらいの料金がかかるのか、実際に医院で相談することが必要でしょう。

骨移植手術後に現れやすい症状

骨移植手術の後は、痛みや腫れ、皮下出血などが起こりやすいです。「失敗ではないか」と不安になる方も少なくないようですが、徐々に痛みは治まっていくので心配は要らないでしょう。
…と言っても、通常の痛みは、痛み止めを服用して治まる程度の痛みです。痛み止めを服用しても、我慢できないほどの痛みが生じる場合には、医院に相談する必要があるでしょう。何らかのトラブルが生じているのかもしれません。

特に、治療範囲が広いほど、痛みや腫れが出やすい傾向があります。事前にどのような症状が現れるのかを、主治医に確認しておくことが必要でしょう。

また、どうしても痛みが治まらない場合などの、対処方法についても確認すると安心です。


Copyright (C) 2014 インプラント失敗研究記 All Rights Reserved.